インプラントの保証制度

インプラントの保証システム

近年、インプラント治療は日々進歩を続けています。これまでのインプラントは治療期間が長いことや、あごの骨の量が少ない人に対応できない点などがデメリットとされていました。しかし最近では、それらのデメリットをカバーする治療法が登場しています。こちらでは、現代の最新インプラント治療をご紹介します。これまでインプラントができなかった患者様や、治療に不安があった患者様にご一読いただきたいと思います。

即日インプラント

これまでのインプラント治療では、術後3~6ヶ月の治癒期間をおかなければならず、その間の患者様の身体的・精神的負担は非常に大きいものでした。そこで、できるだけ早く患者様が快適に噛める歯を手に入れられる新しい手術法「即日インプラント」が開発されました。即日インプラントなら、検査を終えた当日にインプラント埋入から仮歯装着まで行えるため、審美性・機能性に優れた歯を即日手に入れることができます。

抜歯即時インプラント

抜歯即時インプラントは、抜歯とインプラント埋入を同日に行うため、歯がない期間がまったくありません。2次手術の必要がないため通院回数が少なくなり、治療期間は3~6ヶ月にまで短縮できます。口内の状態によっては、インプラントとあごの骨が結合するまでの間に仮歯を使うこともできます。主に、事故で歯が折れてしまった場合や、虫歯で歯が欠けてしまった場合に用いられる治療法です。

All-on-4

All-on-4(オールオンフォー)は、すべての歯を失ってしまった方のための総入れ歯に変わる画期的な治療法です。総入れ歯のような違和感がなく、手術当日から天然歯のような快適な生活を取り戻すことができます。従来のインプラント治療に比べて埋入するインプラントの本数が少ない(片あごにつき4本)ため、費用負担が少なく、痛みや腫れを軽減でき、治療期間も大幅に短くなります。これまでのインプラント治療のあらゆるデメリットをカバーした治療法がAll-on-4なのです。

GBR法

GBR法(骨再生誘導法)は、あごの骨が不足している部分を人工膜で覆うことで骨を作るスペースを確保し、その中に骨のもとになる物質を詰めて骨を再生させる治療法です。インプラント埋入のために必要な骨の厚みがない場合に用いられます。インプラント手術の前に必要な骨を作るケースもあれば、手術と同時に行うこともあります。あごの骨が不足していたために今までインプラントができなかった人でも、治療できるケースが増えています。

サイナスリフト

サイナスリフトは、あごの骨の厚みが3~5mmよりさらに少ないときや多くの歯が欠損しているときに、骨の量を増やすために行います。まずは骨移植のみを行い、骨ができるまで3~6ヶ月待ち、その後インプラントを埋入します。基本的には骨移植とインプラント埋入を別々に行うため、骨移植からインプラント埋入、さらに人工歯の装着までに6~8ヶ月かかります。

ソケットリフト

ソケットリフトはサイナスリフトと違い、しっかりとインプラントを固定できるだけのあごの骨の厚み(3~5mm以上)がないと行えません。ソケットリフトのメリットは、骨移植と同時にインプラント埋入ができるため、はじめに骨移植のみを行う場合よりも、人工歯装着までの期間を短縮できることです。また、サイナスリフトに比べ体への負担も少なく、傷みや腫れがほとんどありません。