インプラントについて(授乳中)
左下(おそらく4)が1月上旬より急に痛みだし、最近ではほんの少し固い物を食べるのも辛くなってきています。

その歯は、永久歯が生えてこず、乳歯のままで16年前にその歯が虫歯になり、おそらくセラミックの被せをして処置した歯です。
現在見ると、その被せと、本来の歯の境目が見えるほど歯茎はやせています。そして歯を触るとグラグラしています。

現在、授乳中であまり時間の融通が利かなく、麻酔等もできるかわからないのですが、①考えられる治療法で最適な方法はインプラントなのでしょうか?

②授乳中のインプラント治療は可能なのでしょうか?

治療期間や料金等を詳細も知りたいです。
授乳中のインプラント治療
今回のケースでは先天欠如歯があり乳歯がぐらついてきたということでこのようなケースでは抜歯となります。抜歯後には歯がなくなるためにブリッジ治療かインプラント治療が選択されます。欠損以外の歯を傷つけないという意味からするとインプラント治療が有利です。

授乳をされているということですが特に気になるのが内服で飲んでいる抗生物質です。ミルクで代用できるならばその方がいいかもしれませんが、授乳ができないと困る場合は健常者であれば薬を内服しないでインプラント手術をする場合もあります。そのかわり2~3日に1回ほどの消毒に来ていただくようにしています。乳歯のあった場所へのインプラント治療の場合は乳歯の抜歯と同時のインプラント植立が可能な場合が多いです。
骨の条件をCT検査して治療期間や費用が決まります。費用としては25~40万円と材質や方法で開きがあります。   
 
星野歯科駒沢クリニックのインプラント治療はこちら