インプラント一次手術3ヶ月後直、繰り返す痛み
 フランス在住、50代後半の女性です。インプラント一次手術を9月後半に行い、今なお、繰り返す痛みと微熱、節々の痛みに苦しんでいます。又、軽い弁膜症と白血球が2700くらいしかなく、抵抗力がこれまでの経験から一般の方よりないように思われます。弁膜症は軽いので心配ないとのことで右上7番を抜歯(この歯も3ヶ月程痛みと感染に悩まされました)23日後に5番と6番にインプラント3i の手術をうけましたが、手術前に手術内容の説明はないまま、以前に下の歯もしていただいた先生だったのであまり心配せずに受けましたが、術後BIO-OSS(スイス製)を6番の抜歯時の部分と7番の副鼻腔の粘膜の下?に使った事を知らされました。又7番の抜歯後大きな穴が開いた状態であまりふさがらないまま軽い痛みとともに手術を受けました。
 
 術後軽いめまいや痛みはありましたが特にはれたりもせず抗生物質と腫れ止めを一週間処方され、抜糸は3週間後にしましたがその後から軽い痛みが始まりだんだん鼻が痛くなり頭痛、節々の痛み、微熱(37度、平熱は35.8〜36度)が続き目の粘膜も痛くなり心臓がドキドキして眠れなくなりました。又7番の抜歯部分も手術時切開しましたがその縫い目から白い石灰状のものが出てきてなかなかふさがりませんでした。今も白いものが出て5番もインプラントの上に小さな穴(直径1ミリほど)があいたままふさがらず中がすけて見えそのかぶさった歯茎のインプラントの周囲の歯肉の内側に白いブツブツしたものが3ミリほど見えます。

 手術後、1ヶ月と少ししてから、上記の症状を手術した先生にうったえましたが、レントゲン結果は異常なしで症状をいっても、薬の処方はなく、仕方なくかかりつけの内科医に説明したところ
インプラント手術後はよくあることだといわれ、抗生物質(Pyostacine)、
腫れ止め(prednisolone)、副鼻腔に噴射する薬を一週間処方され、それででほぼ治まり、まだ少し痛みはありましたが抗生物質のとりすぎはよくないとのことで
感染をおさえる軽い薬を2週間処方されました。また内科医の説明を手術した先生に会って話しましたが、それで良いというだけでした。

 とりあえず先生にお願いしてスキャナー(MRI?)も抗生物質終了後とりましたが特に異常はないとのことで安心していました。ところが前回の抗生物質終了20日後、又痛みが始まり、抗生物質(Amoxiline1日2g)を6日とり治まったようにみえましたが終了10日後に又痛みが始まり、再び内科医に行って1回目と同じ薬を1週間処方されましたが今回は痛みが治まりませんでした。
年末休暇で内科医もおらず別の内科医に診察してもらい経過を話したところ、アレルギーの薬を処方され、念のため、痛みが治まらない場合ペニシリン系のAugmentant(1gを1日3回)を5日分処方され現在4日目ですが、痛みは軽くなったものの奥の方に痛みがあるようで、仕事で自宅を離れておりますが今日は気分が悪くなり、休んでおります。
 経過のすべては手術した先生に報告し又今回薬の処方をお願いしましたが、かかりつけの内科医がくれたものと同じ薬を処方され1週間飲んで効果がなかったものを飲むべきか悩んでおり、又今なおインプラントのせいではないと思っておられるようです。

 上記の経過から適切なご判断と今後私のするべきことを早急にアドバイスいただけますでしょうか?又、敗血症の心配やBIO-OSSとの関連はいかがでしょうか?

 よろしくお願いいたします。


 
術後の上顎洞炎の疑い
内容からすると骨が不足して上顎洞底拳上術(サイナスリフト法)を人工骨のバイオオスを使用しておこなったようです。バイオオスは世界的にも認められた安全な牛骨でこの術式にはもっとも成功率の高い移植材です。白い粒がたまにはみ出て口の中にでることはあります。一時的に1~3週間ほど鼻症状が出るケースでは抗生物質の投与をしてほぼ症状が消えます。白血球数が少ないことから炎症に対する抵抗力が低いと思われます。その場合は慢性の上顎洞炎に移行するケースがあるので耳鼻科でも見てもらったほうがいいです。敗血症との因果関係はないです。   
 
星野歯科駒沢クリニックのインプラント治療はこちら