ブリッジかインプラントの選択
上の前歯ですが、数年前に、歯茎が腫れて最終的に穴が空いて膿が出て、その時は、神経が除去されて一応終了となりました。

最近、穴が拡大して上に凸になっている事に気づき、別件で行った別の歯医者さんに、歯茎どころか骨が後退して歯根が出ている、膿も僅かに出ているので、なるべく早く抜歯及びブリッジした方が良いと思うので、考えてくださいね、と言われました。

尚、上記歯科医院は、小さな個人医院ですが、説明等はそれなりにして戴けるし、過去三年ほどの間に受けた治療でその後に問題になった事はありません。但し、インプラントの事は言及されませんでした。

実際鏡で見ると、歯の上に歯根?が幅3;4mm、長さ6mmほど露出しています。

インターネットを見ると、部分入れ歯、ブリッジ、インプラントの三つの治療法がある様ですが、現在は後二者が主流、インプラントの方が新しくやや高価だが理想的、但し実際の結果は施術者の技術に大きく依存するという記述が多いように思えました。

文章だけではなかなか判断され難いとは思いますが、私の状態で選べる、或いは「より長く咀嚼を楽しめるように」という観点で選ぶべき治療時期と方法、そしておおよその治療費を教えて戴けないでしょうか。

尚、歯並びはかなり悪く、くだんの歯の両側は、虫歯になった事は有りませんが、片側はほぼ90度回転して生え、もう片側は、くだんの歯の神経除去時に金属チップでつないで支えよういると措置を受け、但しチップはごく短期間で外れてしまい、樹脂?で埋めた痕が裏側に有ります(この件で最初の歯医者さんと縁を切りました)。

以上、宜しくお願いします。
保存可能か見極める必要があります
この場合、まずこの歯が保存できるか見極める必要があります。保存可能であれば再度根の治療後被せ物で修復することになります。

不可能の場合は抜歯後インプラントもしくはブリッジの適応となります。インプラントの場合はその欠損部の骨の状況により方法が何通りかあります。抜歯と同時にインプラントを入れる方法、抜歯後2ヶ月目にいれる方法、骨を作ってから半年後にいれる方法など状況により選択します。

その間は仮歯を両となりの歯にボンドで接着して見た目を回復します。ブリッジの場合は両隣の歯を削って被せるだけです。   
 
星野歯科駒沢クリニックのインプラント治療はこちら