インプラント、義歯、ブリッジの選択
右下奥から3本目の歯を、5、6年前に虫歯になったので差し歯にしました。
1ヶ月ほど前から、歯の前後の歯間にフロスを通すと出血するので歯科に行きましたが、差し歯の下が虫歯になっていて、ぐらぐらしているとのことでした。
自分の歯の部分が少ないので、治療するとしても、ほとんど削ることになり、使い物にならないとのことでした。だめになるまでこのまま使って、だめになったら(抜けたら)、部分入れ歯、ブリッジ、インプラントのいずれかを考えるのが良いと言われました。
このような場合、どうするのが良いでしょうか?
選択肢について
歯は神経を抜いて差し歯にすると非常にもろくなり、実際の自分の歯の半分以上は人工材質に置き換わるのです。
この状態の歯が更に虫歯になればほとんど自分の元の歯の部分はなくなるので抜歯となってしまいます。ですから、この歯の噛む機能があるうちはそのまま使用し、後に抜歯しインプラント治療へ移行するのがよいと思われます。
ただし、痛みや腫れや膿が出てくるようなら早期に抜歯したほうがいいと思います。   
 
星野歯科駒沢クリニックのインプラント治療はこちら