先天欠如による歯並びの改善とインプラント
私は今までずっと上の歯が足りなく歯と歯の間に隙間ができており、大変困っています。歯学の言葉で言いますと、上の歯の1番と2番の間に1番の歯だけしか生えていなく、2番と3番のあいだに3番の歯だけしか生えておらずとても歯並びが悪い状態です。つまり左右それぞれ1本ずつ足りないのです。こうしたことで、人と話したり人前で笑ったりすることをしたくなく絶望的な日々を過ごしてきました。この歯並びをインプラントで治すことはできるのでしょうか。

先天欠如による歯並びの改善とインプラント
こんにちは

このようなケースは何症例も経験していますが中途半端な隙間がある場合は矯正治療で隙間を作ってからインプラントの植立をすれば完治できます。インプラント治療は歯が全くない歯茎の中(骨)の中に埋め込んでその埋め込んだチタン製の土台に歯をつける治療のことですが上顎の側切歯左右2本欠損で右の3,1左の1,3番がどのような状態ではえているかで治療方法が変わります。インプラントは最低でも5ミリのすきまがないと入れることが出来ないのでそれ以下の中途半端な隙間がある場合は左右の2番目の欠損のスペースを確保するための矯正治療をおこない5ミリ以上のスペースを2箇所左右に均等に作り2本のインプラント植立すればいいと思います。デジカメ等で前歯の写真を添付していただければより正確な治療の話が可能です。
  
 
星野歯科駒沢クリニックのインプラント治療はこちら