インプラント後激痛
6/24にインプラント手術を受けました。私は慢性副鼻腔炎でした。なのでインプラントが出来ずに奥歯がない状況が続いていて。。。私の場合、レントゲンに撮ると真っ白になっていただけで、副鼻腔炎の症状が全くありませんでした。2008年に発症しそれが慢性化したのだと思います。その後クラリスを服用したりと手術以外で出来ることは全て行いました。でも私の場合はなんと言っても鈍痛がしたりとか鼻水が出る等、何も症状がなかったし、レントゲンでもその後劇的によくなっていたので、インプラント手術に踏み込みました。勿論先生ともよぉく相談をした上での決断でした。確かに肥厚し良い状態ではない中での手術というのも了承の上でした。術後特に腫れも痛みもなく過ごしていたところ、6/29に激痛が走りその時には、ジスロマックと鎮痛剤ですぐに痛みは治まりました。ジスロマックを6/30から3日間服用し、その後全く痛みもなかったので、すっかりそのことを忘れていたところ、7/9(月)に激痛再びでした。今回は前回以上で・・・(泣)又ジスマロックを飲みましたが、今回は痛みがひきません。やはり上顎洞炎になってしまった恐れが高いのでしょうか・・・先生は上顎洞粘膜の一次的な炎症であれば、抗生剤等で緩和してくることが多いですが、上顎洞炎の場合には、経過をみていても改善しない場合もあります。 そのため、今後は、経過をもう暫くみていき、症状の緩和があれば、 一次的な炎症と判断し、インプラントの撤去は行ないません。 しかし、炎症が続くようであれば、インプラントの撤去が必要になります。 とのことでした。そのことはよぉく分かるのですが、今回ここまで激痛が続くのであれば、やはり上顎洞炎になっている可能性が高いのでしょうか・・・辛いです。そして怖いです。。。勿論、鼻血や鼻水等は一切出ることはないです。激痛のみです。
副鼻腔炎
インプラントを上顎の臼歯の骨の厚みの少ない部位に植立する際にサイナスリフトと同時にインプラントをいれますがこの際に骨と上顎洞の境目にある膜を貫通し感染すると上顎洞炎となります。上顎洞炎はひどい場合は目の下の圧迫感や臼歯部の痛み、鼻汁、鼻出血がおこります。このような症状がなければ膜は貫通していないことになります。肥厚部が厚くてやぶれることがなくても圧がかかって痛みになるケースもあるかと思いますのでもう少し様子をみるかCTの撮影で確認してもらったほうがいいでしょう。   
 
星野歯科駒沢クリニックのインプラント治療はこちら