骨粗鬆症の薬
骨粗鬆症の薬を服用している場合はインプラント治療に影響があると聞きました。
2年未満の服用ですが、治療を決意した場合、服用を中止すればすぐにオペは可能でしょうか?
また、それ以外に禁忌となるような類の内服薬というのはありますか?
ビスフォスホネート製剤の場合
骨粗しょう症でよく使用されるのがビスフォスホネート製剤で長期服用で外科時に顎骨壊死を起こす危険性があります。こちらの薬剤を内服薬で服用していたかそれとも静脈注射されていたかで変わります。
内服薬服用の場合は3年以内であれば外科は問題ないとされていますが3か月前に投与を中止して傷が完全になおったあとに服用を再開するのが望ましいです。3年以上経過している場合は顎骨壊死の危険性があるのでその危険性をご理解いただいうえでのインプラント治療となります。   
 
星野歯科駒沢クリニックのインプラント治療はこちら