医師に対する不信感
奥歯2本インプラント手術をしました。術後二十日くらいひどい痺れがあり、その後も二十日くらい痺れが残っていました。やっと痺れは大分取れてきました。ただしまだ完全ではありません。疑問は唇裏側に横一本の線があり、手術中食い込んだのか、そこに違和感があります。先生が手術中食い込みが取れなくて、思わず、「唇を切ってしまおうか」といった言葉が忘れられません。痺れに対しても全く人ごとです。術後非常にしびれている時、先生の夏休みも入りました。先生に対する不信の気持ちで一杯です。もう医師を変えたいと思っています。                                         
インフォームドコンセント
今回の相談のケースについてもいえますが、すべての治療は歯科医師の説明があってそれに同意した患者様が治療を受けるという関係で成り立っています。その部分が欠如すると歯科医師への不信へとつながるわけです。どうして痺れたのか?それに対する処置はどうしたのか?今後の経過はどうなっていくのか?治るのか治らないのか?について歯科医師側は患者に説明をするのが義務です。   
 
星野歯科駒沢クリニックのインプラント治療はこちら