前歯のインプラント
交通事故で上の前歯2本、その右1本、左2本損傷した。歯根が折れていた前歯以外の3本は抜歯した。前歯はレントゲンでは不明で痛みが出たら抜歯ということになった。
骨が薄く骨増殖剤も入れた。
それでも前歯の隣の歯には一番細いインプラントしか入れられないと言われ、それを補強するために前歯2本も抜歯してブリッジすると説明された。まだ折れてるか不明の歯を抜歯することに納得いかず他の歯科にも事情を説明して診察してもらった。
 そちらでは事故から1年なので歯茎がもっと下りてくる。歯根が折れてないからもう少し様子を見た方がよいのでは。と言われた。
 30才代で入れ歯のずっと生活が続くのは耐えがたい。
 実際のところどうすればよいですか。アドバイスお願いします。
交通事故後の前歯の治療
交通事故で歯を失うケースでは脱臼した歯、さらにその周囲の骨にダメージがあり骨の厚みが薄くなるケースがあります。今回の残りの2本の歯を抜いてまでして欠損のインプラント治療をすることはナンセンスです。そういうことから欠損部に骨がないようでしたら骨を増骨術(べニアグラフトなど)で骨を増やしてからの植立となります。事故から1年経過して問題がない歯は抜歯の必要性はありません。一度相談にいらしてもらえればさらに明確な診断が行えると思います。   
 
星野歯科駒沢クリニックのインプラント治療はこちら