インプラントのセメント部分がゆるんでる
5年前に上の前歯3本、インプラントにしました。ずっと問題なかったのですが、先日端っこの一本に違和感(施術後に感じたような装着感)を感じ、来院すると少しいじっただけでポッコリと取れてしまいました。
先生曰く、結合部分のセメントが緩くなってきてる、ほかの2本もたぶん突然とれるかもしれない、とのこと。
問題の歯はセメントを強化し、再び嵌めてもらいましたが・・・
ほかの2本がいつ落ちるかわからないのは不安なので、今回みたいに外してセメントを強化し、付け直してください、とお願いしたのですがそれはできないとのこと(なるべく根本を大事にしたほうがいいとか・・)。

同時に作ったものなので、ゆるんでるのがわかっていてこのまま過ごすのは、精神的にもかなりストレスです。

ご意見お聞かせくださいませ。
インプラント上部構造の緩みについて
インプラントはインプラント本体のフィクスチャーと歯の頭の上部構造とそれらをつなぐアバットメントの3種類から成ります。アバットメントはねじ止め式なので咬む力を受けているうちに緩むときがあり上部構造を完全にセメントで固定してしまうと緩んだときに増し締めができなくなってしまうために緩めのセメントで固定をします。たびたび上部構造が外れる場合はセメントの種類を変えていきます。   
 
星野歯科駒沢クリニックのインプラント治療はこちら