インプラントの後遺症で悩んでいます
5年前にインプラントしました。以来、鼻と目に不快感があります。耳鼻咽喉科と眼科では、異常はないと、いうことでした。
上右前1番がなく、差し歯でブリッジにしていましたが、見た目にも噛み具合も充分でした。「差し歯を抜いてインプラントでブリッジしたら、永久歯が生えたように審美性も優れていると、アメリカの学会で発表されました。歯を1本抜く程度で永久歯が手に入るのです。」などと、熱心に勧められ、信じてしまったことを後悔しています。リスクの説明は何一つなかったのです。1時間ですむといっていた手術が6時間かかった時は、奥歯のところから骨を執ってインプラントするところに移植したと言われ、目の下から首にかけて内出血と腫れはひどかったです。3ヶ月ぐらいで顔は以前のように戻りましたが、インプラントはしたくありませんでした。しかし、「インプラントは簡単でせっかくここまでがんばってきたから」と、また説得に応じてしまいました。インプラントを入れてからすぐに目がゴロゴロするのを感じました。しばらくして、骨がつき過ぎたということでたたいて骨を執り、歯肉を切りとっています。それからくるしみのはじまりです。歯肉を切りとったところからは濃が出ていたこともあり、別の歯科医院で治療していただきましたが、痛みは続いています。死ぬまでこの苦しみが続くのかと思うとたまらないのです。インプラントをとったら、鼻や目の違和感はなくなり、歯茎の痛みから解放されるのでしょうか。
 
インプラントをした先生が、なぜ、どうもない歯を抜いてまでインプラントをすすめたのか、どのような手術をしたのか、手術に6時間も要するなど、手術の経過内容等がはっきりすれば何か、解決の手ががりになるのではとも思っています。この苦しみから、一日も早く解放されたいのです。
骨の移植
今回のケースでは前歯の骨の厚みが足りなかったのではないかと思います。予想外に骨が薄いもしくは少ない場合に欠損部位以外から自分の骨をもってきて足りない部分に埋めるべニアグラフトという方法をとります。そのべニアグラフトが感染した場合にはそのような症状が出る可能性があります。ただし、目の症状まででることは通常は考えられません。一度CT撮影をしてもらって骨がどのようになっているか調べたほうがいいと思います。   
 
星野歯科駒沢クリニックのインプラント治療はこちら