インプラントの太さとかぶせ物の大きさ
奥から二番目の下の歯をインプラントにする予定です。 インプラントした後、奥歯との
間がかなり空くとのこと。またインプラントの太さも前やったときと同じ太さとの説明をうけました。 私としては抜歯した自分の歯と
同じ大きさのかぶせ物、そのためにインプラントの太さも4ミリだった前のインプラントより
太目のしっかりしたのをして下さらないのか
疑問に思いました。どうなのでしょうか。

大臼歯部インプラントの最終の歯の大きさ
下顎の第1大臼歯の幅は9~10㎜前後であるのでそれ以上の欠損幅があるならば隣の歯の接触する部位にレジン樹脂を盛るなどして欠損幅が9~10㎜になるように調整します。あまりに幅があるところに4㎜のインプラントでは多少咬合力の負担が過剰になる傾向があるからです。4㎜のものを5㎜、6㎜のインプラントでカバーできるならばもう少し幅が広くても耐えられるかもしれません。12㎜以上あるならば2本のインプラントが必要です。それ以外の条件としては欠損部の真上の歯の位置によるうまく適正な大きさの歯を装着できないケースがあります。   
 
星野歯科駒沢クリニックのインプラント治療はこちら